【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立リハビリテーション・精神医療センター

イメージ画像

センターのご紹介

センター長ごあいさつ

センター長イメージ県民に頼られる「リハセン」を目指して

当秋田県立リハビリテーション・精神医療センターは、脳血管障害等の患者さんの運動機能回復等を主な目的とするリハビリテーション科と精神障害者一般の治療を目的とする精神科の2つの科が中心となる全国でもめずらしい構成の病院です。

検査機器ではMRI,CTをそろえ、放射線科を専門とする医師による読影が行われています。リハビリテーション科においては、理学療法士作業療法士言語聴覚士がそろい、休日も訓練を休まない365日毎日訓練の体制で、効果的訓練が行われています。精神科では、短期集中治療の方針の下、一般精神障害者の治療に努め、秋田県の精神科救急医療システムにおいては第3次救急機能を担い、24時間体制で入院を受け入れています。また、認知症医療においても、リハビリテーション科と精神科が共同し、両科の特色を生かした独自の認知症医療をめざして診療を行っています。

この度、独立行政法人へ移行しましたが、今後も「多職種協同」の理念の下、「頼りになるリハセン(当センターの略称)」と県民から呼ばれるような病院をめざして診療していきたいと考えています。よろしくお願いします。

秋田県立リハビリテーション・精神医療センター センター長 小畑信彦

ページの先頭へ