【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立リハビリテーション・精神医療センター

村上 里美

理学療法士
村上 里美

理学療法とは、病気・けが・高齢など何らかの原因により、起きる・立つ・歩くことが大変になった方に対して、運動機能の維持・改善を目的に運動や温熱、電気、水などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

当センターの理学療法部門では、多彩な設備を有しています。患者様の症状や状況に合わせて最適な治療を行うことが可能となっています。例えば、運動療法では歩くことが大変な方に対し、部分免荷式トレットミルという機能を用いています。この機械は患者様の体重をサポートすることで早期から積極的に歩く練習ができます。
また物理療法では、温熱・電気・水治療法の機械があり、これらを用いて患者様の痛みを想定した練習が可能となっています。

誰しも立つ・歩くなどの動作をひとの手を借りずに行いたいと思うことは自然なことであり、生活の質を向上させる要素になります。我々は、病気や障害があっても退院後、自分らしく生活したいという一人一人の思いを大切にしています。多くの理学療法士が患者様の機能回復のための日々精進し、県民の皆様に貢献したいと考えています。

ページの先頭へ

  • 地方独立行政法人 秋田県立病院機構:採用情報 特設サイト
  • 当センターは秋田県精神科救急医療システム全県拠点病院です
  • 秋田県高次脳機能障害相談・支援センター 公式サイトへ
  • 秋田県認知症疾患医療センター 公式サイトへ
  • 秋田県若年性認知症支援コーディネーター 公式サイトへ
  • リハセン紹介映像
  • パンフレットのダウンロード

    秋田県立リハビリテーション・精神医療センター:パンフレット表紙イメージ秋田県立リハビリテーション・精神医療センターのパンフレットをPDF形式でダウンロードいただけます。
    閲覧には、Adobe Readerが必要です。

  • 当センターは、財団法人日本医療機能評価機構の認定医療機関です。機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0 認定第JC299-3号 主機能:精神科病院 認定第JC299号 副機能:リハビリテーション病院 認定期間:2014年9月27日〜2019年9月26日 「リハビリテーション機能を適切に発揮している」でS評価をいただいております。