【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県立リハビリテーション・精神医療センター

イメージ画像

患者のみなさまへ

われわれの職業倫理と臨床倫理

倫理規定

当センターは秋田県民の病院として、最適で高度な医療を提供すると同時に、患者さんに愛され、気持ちよく利用していただけるように、職員が一丸となり、職業倫理・臨床倫理に基づいた行動に徹します。

職業倫理

  1. 医療者として、その責任を自覚し、人格・教養を高めるように努めます。
  2. 医療者として、仕事に熱意を持ち、その専門性を高めるよう、自己研鑽に努めます。
  3. 医療の公共性を大切にして、法令遵守と地域社会への貢献に努めます。
  4. 内外の医療者や福祉関連職種と交流し、チーム医療・地域医療連携に努めます。

臨床倫理

  1. 精神、身体的障害を扱う医療機関として、患者さんの人格尊重や意思の尊重、自己決定権の尊重を最大限配慮した医療を展開いたします。
  2. 患者さんの機能的状態や病状に対する説明、診療内容、必要な事項の説明を、わかりやすく丁寧に、時間をかけて行います。
  3. センターでの医療が納得して受けられるように、患者さんが他医療機関でセカンド・オピニオンを求める機会を支援いたします。
  4. センターでの医療にとどまらず、かかりつけ医療機関・福祉介護施設などとの連携を深めて、患者さんの生活の場を重視した医療とケアを目指します。

職業・臨床倫理規定に関わる継続的検討

日常の倫理的問題に適切・迅速に対処するため、職業倫理・臨床倫理に関する検討を定期的に行います。

協和町健診

ページの先頭へ