部門紹介


guidance

精神科について

当センターの精神科医師は定数8名で診療活動を行っております。

精神科には200床の病床があります、50床の認知症病棟が2つあり、一般精神科病棟は40床の閉鎖病棟・30床の準開放病棟・30床の開放病棟で構成されています。

当センターは、応急入院指定病院であり、また秋田県精神科救急医療システムにおける全県拠点病院、いわば精神科救急三次病院に位置付けられています(重症の身体疾患を合併している精神障害者に対する精神科救急医療システムはこれとは別に整備されています)。一般精神科病棟では、短期集中型の精神医療にこころがけております。それに加えて、開放病棟の一部では濃厚な精神科リハビリテーションを行い、通院者に対する精神科デイケアも実施しております。

2つの認知症病棟は、機能分化を行っており、認知症の有無や程度の精密検査と鑑別を行い初期治療とリハビリテーションを主に行う病棟と、精神症状や行動障害が比較的に目立つ患者さんの治療を主に行う病棟とに分けられています。

2012年度は一般精神科100床・認知症病棟50床を運用し、年間で500名弱の方が入院・退院されています。

外来部門は、一般神経・精神科外来と、リハビリテーション科と共同で行っている「ものわすれ外来」とで構成されております。予約制ですが、精神科は救急患者を随時受け付けております。

精神科救急体制について

当センターは、秋田県精神科救急医療システムの全県拠点病院に指定されております(ただし重症の身体疾患を合併されている精神障害の方には別のシステムが整備されています)。

従って、救急の受診を希望される場合には、皆様の居住地を担当する地域拠点病院(ただし秋田市は輪番制の当番病院が担当します)にまず御相談ください。地域拠点病院や輪番担当病院が対応できない状況の場合に、当センターに紹介されるシステムになっておりますことを御理解ください。

地域を担当する地域拠点病院または輪番制当番病院などについての情報は、お近くの消防署・警察・精神科病院が掌握しています。

「秋田県精神科救急医療体制」の時間帯は平日夜間と休日ですが、当センター精神科では平日の日中でも可能な限り即日入院に応じていますので、電話にてご相談下さい。

ページトップへ戻る